生活習慣

ニキビケアのために必要な睡眠時間は何時間?

こんにちは、ひろきです。

今回はニキビケアのために何時間、睡眠を取ったらいいのかについてみていきます。

個人的には、ニキビはしっかり寝ると良くなってることがかなり多いです。

ニキビができそうとか、白ニキビになっているときに、「あーぐっすり寝られたー」って思ったら、かなりの確率でニキビが良くなってます。

逆になんか最近、ちゃんと寝た気がしないなーって思ってると、肌のコンディションもあんまり良くないです。

ニキビの原因ってほんといろいろあって、それらが複雑に絡まってたりするんですが、私の場合は、食事の乱れや睡眠不足がニキビの大きな原因になっている感じですね。

寝る前は白ニキビがあったり、ニキビができそうな感じになっていたとしても、しっかり寝て、翌朝きれいになっていたら、「よっしゃー!!!今日も頑張るかー!!」ってなれます。

もう知ってると思いますが、ニキビケアをする上で、睡眠はかなり重要なポイントなんですよ!

ただ睡眠が大事って話をすると決まって、

じゃあ、何時間寝たらいいんですか?

って質問が出ます。

今回はそんな疑問を解決しようと思います。

ひろき
ひろき

人間がなんで寝なくちゃいけないのか、解明されていないけど、睡眠が私たちに与える影響は計り知れないよね。

睡眠がスキンケアに欠かせないけど、ちゃんと知識をもってニキビで悩まないようになろう!!

ニキビケアのために何時間、睡眠をとるといいの?

結論から言うと、7~8時間くらいの睡眠時間が健康的であると多くの研究で報告されています。

体が最高の状態になるにはこれくらいの時間寝ている方が良かったという報告が多いんです。

ただ、睡眠時間ってほんっと個人差があるんですね。

この前20年くらい4時間睡眠っていう患者さんに会いましたし、その人は普通に元気でした。個人個人によって必要な睡眠時間はぜんぜん違うんだなーって思いました。

5時間寝ればキツくない人もいれば、10時間寝ないと調子が出ないって人もいます。

なので何時間寝ればいいのか?というのは、こだわり過ぎなければいいかなと思います。

何時間寝るか?というのは「量」の話です。

睡眠について語るのであれば、「質」も大事な要素です。

ちゃんと寝られているか?質はどうか?という判断基準として、

起きたときにボーッとした感じがあるか?
日中、集中力を保てているかどうか?

この2点に注目するといいと思います。

日中、なかなか集中できないとすれば、睡眠の質が良くないと言えるでしょう。

それはひいては肌の健康も脅かされていると考えられます。

肌荒れを起こしやすいということですね。

ニキビができるなら、とにかく寝よう!!

1日ぐっすり寝るだけでも効果があるし、数日はしっかり寝てみるといい。

必要な睡眠時間は個人差があって、7~8時間睡眠が健康的という報告が多い。

日中にボーッとしない程度に睡眠時間が確保できたら、肌荒れも起きにくいと言える。

睡眠の質を高めるためにオススメの方法については別の記事で紹介しようと思います。

睡眠不足で肌荒れが起こるわけ

睡眠不足になるとなんで肌荒れが起きるんでしょうか?

寝不足になると次のような変化が体に起こります。

・自律神経の乱れ

・免疫力低下

・ターンオーバーの乱れ

主にこれらが関係しあって、肌のコンディションが悪くなってニキビができます。

詳しくは別の記事で紹介していますが、寝不足が続くと自律神経のリズムが乱れます。

人間は大ざっぱにいうと、活動モードになる交感神経と、休息モードになる副交感神経が、昼間と夜間に大きなサイクルを作っています。


ところが、寝不足状態が続くとこのサイクルが大きく乱れることになります。

自律神経の乱れは体にとって、かなりのストレスです。

このストレスによって、免疫力が低下しアクネ菌が増殖しやすい環境になります。

さらに、寝不足が続いて成長ホルモンが十分に分泌されないと、肌のターンオーバーが滞り、古い角質がたまって毛穴が詰まる原因になります。

毛穴が詰まれば、皮脂がたまり、アクネ菌が増殖してニキビになります。

とまあ、こんな感じで負の連鎖のが続いて、ニキビができやすくなります。

あわせて読みたい
寝不足が続くとニキビが起こる3つの原因とは?|これを知ったらもう夜ふかしはできない!?こんにちは、ひろきです。 寝不足は美肌の大敵!!って言われるように、睡眠と肌の状態は切っても切れないものです。 睡眠と肌の状...

まとめ

毎日の平均睡眠時間が7~8時間睡眠が健康的という報告が多いです。

私もそうですが、睡眠時間ってついついこだわってしまいがちですよね。

その気持ちはよーくわかります。

あー最近4時間しか寝てないなーとか思ってしまいがちです。

だけど5時間寝たときと10時間寝たときを比べたときに、5時間しか寝ていない方が、満足のいく睡眠だったってことはありませんか?

よく寝られたかどうかは、やっぱり量より質かなって思います。

今回はニキビケアに何時間寝ることが必要かということについて記事にしてみたんですが、結局、寝不足かどうかは、個人個人の感覚次第ってところが大きいです。

何時間寝ていようが、寝不足と感じているなら、量が足りないか質の問題ですね。

ニキビができるならまずはしっかり寝ましょう!!

ブログ内ではいろいろ睡眠について考えているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です