治療

ビタミンC誘導体で効率よくビタミンCを肌に届けよう!|APPSって何か知ってますか?

こんにちは、ひろきです。

今回はビタミンC誘導体について詳しく見ていこうと思います。

ビタミンCは美肌を目指すならばなくてはならない、チョー重要な成分ですが、なにせ弱点が多いんです。

あわせて読みたい
美肌効果のあるビタミンCって、具体的にどんな効果はあるの?|ビタミンCについて詳しくなって使いこなそう!こんにちは、ひろきです。 今回は『最強の美肌成分であるビタミンCの効果』について詳しくみていきます。 ビタミンCがお肌にいい...
ひろき
ひろき

ビタミンCは肌のコンディションを整えてくれて、ニキビ予防だってできちゃう重要な成分なんだけど、壊れやすいのが弱点なんだ。

そこでビタミンC誘導体が出てくるんだけど、今回はこのビタミンC誘導体について詳しくみていこう!

ビタミンC誘導体とは?

私たち人類はビタミンCを作ることができないので、すべて食事から摂取するしかなく、ビタミンCは生命活動をするのに、全身で使われています。

なので、肌でビタミンCの効果を発揮しようとすると、直接肌につけるのがもっとも効率的です。

 

しかし、ビタミンCは熱に弱くて、空気に触れると酸化してしまい、水に溶かすと壊れてしいます。

さらにビタミンCは水に溶けますが、油には溶けません。

だとすると、私たちの肌は皮脂膜という油の膜で覆われているので、ビタミンCを直接つけても、肌まで到達することなく、分解されてしまいます。

 

そこでビタミンCに人工的に別の物質をくっつけて、ビタミンCが持つ性質を変えたものをビタミンC誘導体といいます。

「性質を変える」といっても、ビタミンC誘導体は私たちの身体に取り込まれると、代謝されてビタミンCになります。

 

そうやって壊れやすいビタミンCを頑丈にして、身体に取り込まれやすくしているんですね。

ビタミンCにどんなものをくっつけるかによって、大きく「水溶性ビタミンCに誘導体」、「脂溶性ビタミンC誘導体」、「新型ビタミンC誘導体誘導体」の3種類に分かれます。

ビタミンC誘導体は体内でビタミンCに変換される。

水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体の3種類に分けられる。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性なので肌の表面でビタミンCに代謝されて効果を発揮します。

ピュアなビタミンCに比べて、肌への浸透力は約8倍で、効果の持続時間は約12時間です。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、肌の奥まで入り込んでいかないので、即効性が期待できます。

皮脂分泌のコントロールによって、オイリー肌やインナードライなどが原因によるニキビの予防になります。

ただ皮脂分泌を抑えすぎて、乾燥が気になることもあるので、その場合はしっかり保湿が必要になります。

サラッとした使用感で、化粧水に含まれていることが多いです。

理想的な水溶性ビタミンC誘導体の配合率は5%です。
これくらいだと乾燥しづらく、ニキビの予防効果も期待できます。

水溶性ビタミンC誘導体の代表的なもの

・リン酸アスコルビルマグネシウム(APM)

・リン酸アスコルビル酸ナトリウム(APS)

脂溶性ビタミンC誘導体

油に溶けるので、皮脂膜を通過して肌にゆっくりと浸透し、肌のターンオーバーを活性化していきます。

水溶性ビタミンのように肌の表面で効果が出たり、即効性があったりということはありませんが、肌の奥にあるメラノサイトのメラニン生成を抑えて、シミ予防を期待できます。

ピュアなビタミンCに比べて、肌への浸透力は約20倍で、効果の持続時間は約24時間です。

脂溶性なのでクリームやジェルに使われ、水溶性ビタミンC誘導体のように皮脂の分泌を抑えたりしないので、乾燥肌や敏感肌にも使いやすいです。

理想的な脂溶性ビタミンC誘導体の配合率は5%です。

脂溶性ビタミンC誘導体の代表的なもの

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

・パルミチン酸アスコルビル

新型ビタミンC誘導体

次世代型とか進化型とかいろいろ言われていて、決まった分類名はないようですが、新しいタイプのビタミンC誘導体です。

商品名はアプレシエ®、一般名はパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)といいます。

 

上で紹介した2つのビタミンC誘導体とは性質の違っていて、最近特に注目を集めているんです。

何がすごいかと言うと、水溶性ビタミンC誘導体であるアスコルビン酸2-リン酸エステル(AP)に、パルミチン酸を加えることで、水溶性と脂溶性両方の特徴をもった最強のビタミンC誘導体といえます。

 

その肌の浸透率は、ピュアなビタミンCの約100倍とも言われています。

 

水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体のいいとこ取りみたいな感じで、「即効性」と「高い浸透力」をあわせもっています。

肌の表面で働くことで、皮脂分泌を抑え、ターンオーバーを整えることが期待できるし、

肌の内部に浸透することで、メラノサイト活性化を抑制したり、メラニンを薄くすることが期待できます。

 

ただ、この物質なんですが、配合されている化粧品の種類がまだ少ないので、APPSが配合されている化粧品が少ないこと。

他のビタミンC誘導体と比べて、使われだしてからの日が浅いので、多くの人が使うようになると肌トラブルが報告されるかもしれないリスクもあり、慎重に使う必要があると、私は考えます。

多くの化粧品はAPPS配合率が0.1~1%程度ですが、商品の数は多くありませんが、例えばこんなのがあります。

自分で配合率を調整できるという優れものです。

とはいえ高配合率は肌への刺激が強すぎるので、注意が必要です。

ビタミンCを効率的に肌に届けるために水溶性だけでも、脂溶性だけでも足りない。

新型ビタミンC誘導体、APPSであれば、その両方の特徴をあわせ持つ、最強のビタミンC誘導体でかなり注目されている。

化粧品として使われだしてから日が浅いので、多くの人が使うようになると、肌トラブルが報告されるかもしれないリスクがあるので、慎重に使う必要がある。

ビタミンC誘導体を使わない


ビタミンC誘導体をそもそも使わない方法として、例えばビーグレンのCセラムがあります。

ビタミンCをあれこれいじるんじゃなくて、ビタミンCを守るようにしてカプセルを作り、それによって肌に届けるという仕組みです。

あわせて読みたい
ビーグレンのホワイトケアトライアルセットを1週間使ってみた感想|ビーグレンの売れ筋商品を集めた最強セット!!こんにちは、ひろきです。 今回は、評判のビーグレンのホワイトケアトライアルセットを1週間使ってみたので、使ってみた感想をレビューし...

ビーグレンの最大の売りは、QuSomeを使ってスキンケア成分を肌に届ける技術でしょう。

このQuSomeはAPPSのように水溶性と脂溶性のバランスが取られているので、ビタミンを効果的に肌に浸透させることができます。

まとめ

ビタミンCはとっても不安定な物質なので、肌に届けるには様々な方法が取られています。

 

どんな成分が良いのかは、個人個人の肌との相性もあるので、一概には言えませんが、いずれにしても健康な肌を目指すにはビタミンCの補給は欠かせません!

ニキビケアにビタミンCが必須ということは知られていても、肌につけるということまでは広まっていない印象ですね。

 

私自身、ビタミンCを肌につけるようになってから、かなり肌のコンディションが良くなったので、今では欠かせなくなりました。

ほんとにいいのでぜひスキンケアに取り入れてみてくださいね。

それではこの辺でー

あわせて読みたい
美肌効果のあるビタミンCって、具体的にどんな効果はあるの?|ビタミンCについて詳しくなって使いこなそう!こんにちは、ひろきです。 今回は『最強の美肌成分であるビタミンCの効果』について詳しくみていきます。 ビタミンCがお肌にいい...

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です