生活習慣

紫外線対策は日焼け止めだけじゃない!プラスαで徹底的に紫外線カットしよう!

こんにちは、ひろきです。

 

今回は、日焼け止めを使うことは大前提として、プラスアルファで紫外線対策を紹介しようと思います。

 

日焼け止めって、2~3時間で塗り直しが必要なので、忘れていたりしたら、紫外線の影響をもろに受けてしまいます。

 

プラスアルファで他にも対策をしてないと、心配ですよね。

今回はそんなこともうやってるよーということから、意外とやってなかったということまでいろいろ紹介したいと思います。

あわせて読みたい
日焼け止めはちゃんと塗れてますか?紫外線をしっかりガードしてニキビを予防しよう!こんにちは、ひろきです。 紫外線は、世間でずーーと言われているように、肌荒れやニキビの原因になる可能性がありますね。 紫外線...
ひろき
ひろき

紫外線対策はスキンケアに欠かせないものではあるけど、同時にニキビ対策にもなるから、ぜひともやってくださいねー

そもそもいつから紫外線対策が必要なの?

何月から紫外線対策が必要なの?

紫外線は1年中、地上に届いています。

地上に届いている紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。

 

そして、届いている紫外線のうち95%くらいがUV-Aで、UV-Bはわずか5%です。

出典:太陽紫外線 – 国立環境研究所 地球環境研究センター

ひろき
ひろき

これは余談なんだけど、太陽光には赤外線が含まれているので、暖かく感じるんだよ。

 

紫外線は太陽からやってくる光の量と、上空の雲によって、地上に届く量が変わってきますが、1年を通して大体の傾向があります。

 

UV-Aは4~8月が最も強く、冬でも半分くらいにしかなりません。

一方で、UV-Bは6~8月が最も強く、冬はその5分の1くらいになってしまいます。

 

紫外線全体で見てみると、5~9月がもっとも紫外線量が多いです。
5月から紫外線量が増え始めて、6月には真夏とほぼ同じ程度になります。

紫外線量が多くなるのは5~9月なのでその間はUV-Bの量も多く、しっかりした紫外線対策が必要になります。

 

じゃあ、その間だけで十分かというと、実はそれだけでは不十分なんです。

 

その理由として、UV-Aが1年中ほとんど変わらず、地上に届いているからなんです。
UV-Aで皮膚が真っ赤になったりはしないんですが、皮膚の奥まで入り込んでエラスチンやコラーゲンといった、肌に弾力やハリを与えている組織にダメージを与えます。

 

長い時間かけて、破壊された組織は、年を重ねると、たるみやハリのない肌になってしまいます。

 

なのでいつから紫外線対策が必要かとなれば、それは1年365日ということになります。

 

1年中紫外線対策するのは確かに大変なんですが、歯を磨くのと同じように習慣にしてしまえば、何ということもなくなると思います。

まあ、私もめんどくさがりなので、最低限として紫外線量が多くなる5~9月は紫外線対策をしている感じです。

・理想的な紫外線対策は1年365日必要!!

 

・特に紫外線量が多くなるは5~9月なので、最低限この4ヶ月は、しっかりと対策が必要!

 

・気象庁のHPで紫外線の予測分布を見ることができる
外部リンク:http://www.jma.go.jp/jp/uv/

1日の中で、特に紫外線対策が必要な時間帯とは?

出典:太陽紫外線 – 国立環境研究所 地球環境研究センター

早朝や夕方と、正午あたりでは紫外線量が全然違います。

UV-Bの量は、昼12時ころにかなり大量にふりそそぎ、朝や夕方には弱くなります。

一方で、UV-Aの量も正午ごろにピークになりますが、それ以外の時間帯でもダラダラと正午の半分量くらいが続いています。

また、画像のように10~14時の間に1日量の約50%程度が、地上に降り注いでいます。

・1日の紫外線量の約50%が10~14時の間

・太陽が沈んだら、紫外線対策しなくてもとくに問題ないレベル

日焼け止めに以外の紫外線対策

紫外線対策に日焼け止めは必須ですが、それだけではちょっと心もとない感じですし、他にもいろいろ日焼け止め以外の方法を紹介したいと思います。

紫外線の強い時間帯の外出をなるべく避ける

上でも書いたように、日中の10時から14時のあいだは、1日の紫外線量の約50%が届いています。

なので紫外線が少ない時間に外に出るのが、根本的な紫外線対策になります。

 

とは言っても、

学校に通っていたり、仕事をしていたら、なかなか難しいかもしれません。

 

この時間は紫外線に対してフル対策でいきましょう!
紫外線対策なしで外を歩くのは危険すぎます。

遮光カーテン

これは意外とやっていない人は多いでしょう。

 

UV-Aの透過率はかなり高く、直射日光の紫外線量を100%とすると、日の当たる窓辺で80%くらいです。

直接、日が当たらなくても、壁、床、天井に反射した紫外線が入り込んでいます。

 

そこで紫外線カットできる遮光カーテンを使って、紫外線量が多い時間帯は部屋に入り込む量を減らしましょう。

 

とくに直接日の光が入り込む部屋であれば、紫外線が反射しまくってるので、カーテンを閉めておくといいですね。

 

夏場はカーテンをすることで、空調の効きが良くなったりしますし、私もカーテンをしています。

太陽の光をまったくシャットアウトすると、精神的に不調をきたしやすいので、少し開けるとか、10時から14時の間だけ閉めておくとか工夫するといいですね。

 

夕方は東窓のカーテンを開けるとか、常に締め切っていなければならないというものでもないので、その辺りは自分の体調を見ながら調整してくださいね。

日傘と帽子


日傘はこれまで、女性の紫外線対策アイテムでしたが、UV-B量が徐々に増加していること、男性の紫外線に対する意識の高まり、熱中症対策などから、男性が日傘をさすことについて話題になるようになりました。

 

個人的にも日傘をさすことにめちゃくちゃ興味があるんですが、ちょっと抵抗感があるんですよね。

 

さて、そんな日傘ですが、まずさし方にポイントがあります。

 

日傘を高く上げすぎると、紫外線カットの効果が落ちてしまうので、図のように鼻から日傘までを30cm以内にすることがポイントです。

 

紫外線は頭上からだけではなくて、まわりのものから反射してきたものもあります。

さすがに地面からやってくるのは、防ぎきれませんが、壁から反射してきたり、横からやってくる紫外線は日傘である程度カットすることができます。

その効果は最大で90%カットなので、紫外線対策としてかなり有効です。

 

そしてよく話題になる色ですが、白を基準にした場合は、黒が白の7倍、黄色が白の10倍紫外線をカットできるという研究結果が発表されています。

 

日傘に抵抗がある男性は帽子とか被るかもしれませんが、頭皮や髪の毛は確実に守れますが、それ以外はかなり弱いです。
つば広の帽子でも、目に入る紫外線の20%くらいしかかっとできないと言われています。

 

それから日陰も紫外線量が減っているので、日陰を選んで通るというのもポイントですね。

サングラス

サングラスは各社、各メーカーがさまざまなものを販売していて、紫外線カット率はまったく異なりますが、普通のサングラスタイプでは100%カットすることは不可能です。

 

なぜなら、サングラスと顔の間が離れているので、そこから紫外線が入ってきます。

なので本気でやろうと思えば、ゴーグルみたいなタイプのサングラスを使うことですが、そこまでやる人は、まあまずいないですね。

 

色の濃いサングラスは瞳孔が開いて紫外線がたくさん入り込むので、色の薄い、なんなら透明なサングラスを選ぶことをオススメします。

紫外線対策としてサングラスを選ぶのであれば、紫外線をどれだけカットできるのかちゃんと書いてあるものを選びましょうね。

食事

気をつけないといけないのは、ソラレンを含む食べ物を朝に食べないことです。

ソラレンは紫外線を吸収したり、皮膚の中で活性酸素を発生させて、肌へダメージを与えます。

 

ソラレンを含む食べ物を取ってから、2時間くらいでピークになり、少なくとも7時間くらいは紫外線の影響を受けやすくなります。

 

柑橘系フルーツやセリ科の野菜に多く含まれています。

あわせて読みたい
知らなきゃ損する!美肌の敵である紫外線を吸収しやすくする食べ物って?|ニキビケアのためにも食べ物は大事!こんにちは、ひろきです。 今回は、食べ物で紫外線対策をするときの注意点についてみていこうと思います。 食べる...

まとめ

紫外線対策には、まず日焼け止めを塗ることが大切です。

 

日焼け止めは2~3時間程度で塗り直しが必要なので、けっこう面倒ですが、そこは仕方ありません。

メイク直しのついでにやりましょう。

あわせて読みたい
日焼け止めはちゃんと塗れてますか?紫外線をしっかりガードしてニキビを予防しよう!こんにちは、ひろきです。 紫外線は、世間でずーーと言われているように、肌荒れやニキビの原因になる可能性がありますね。 紫外線...

 

それから、できる限り紫外線量の多い時間帯に外に出ることを控えることです。

まあでも、なかなかそう簡単にはいかないと思うので、日傘を使ったり、サングラスや食事ですね。

 

仕事で屋外に出ている方であれば、日傘をさして、得意先に行くってのは現実的じゃありませんし、部活をしていたら、遮るものなんていないですし、実際は日焼け止めをしっかり塗るってことになるかなと思います。

 

紫外線はしみやたるみなどだけじゃなくて、ニキビの原因になったりするのでしっかり対策しましょう!

日焼け対策はいろいろあるので、ぜひ試してみてくださいね。

それではこの辺でー

あわせて読みたい
紫外線でニキビができやすくなる原因ってなんなの?|【おまけ】人間はみんな同じ肌ってどういこと?こんにちは、ひろきです。 部活で一日中外にいたときとか、夏に海に行ったりすると、その後にニキビができやすくなるといった経験をしたこ...

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です