生活習慣

紫外線でニキビができやすくなる原因ってなんなの?|【おまけ】人間はみんな同じ肌ってどういこと?

こんにちは、ひろきです。

部活で一日中外にいたときとか、夏に海に行ったりすると、その後にニキビができやすくなるといった経験をしたことがありますか?

 

紫外線が当たるとニキビができやすくなるみたいって気づいているかも知れませんが、紫外線とニキビってどういう関係があるんでしょうか?

 

今回は紫外線でニキビができる理由についてみていこうと思います。

ひろき
ひろき
紫外線でニキビができる理由っていうのがあって、それを知れば絶対に紫外線対策が必要だなーって思うはずです。

紫外線対策を日常的にしている人も、こうやって紫外線がニキビの原因になってるんだーって納得できると思いますよ!

紫外線が肌に与えるダメージについて

紫外線は波長の長い方からUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分かれています。

UV-Bの一部とUV-Cは、地球の大気によってブロックされているので、私たちのところまで届きません。

UV-Aは肌の奥の真皮まで到達し、肌に弾力やハリを与えているエラスチンやコラーゲンにダメージを与え、しわの原因になります。

UV-BはUV-Aより刺激が強く、皮膚の表皮細胞が激しくダメージを受けて肌が赤くなります。
紫外線から肌を守ろうとするため、メラノサイトが活性化してメラニンをたくさん産生して肌の色が濃くなります。

紫外線でニキビができたり、悪化したりする理由

さて、今回のテーマでもあるんですが、

 

紫外線が当たるとニキビがなぜできるのか?なぜ悪化するのか?

 

まず紫外線でニキビができる理由についてみてきましょう。

皮膚に紫外線が当たると、様々な変化が起こり始めます。

 

 

まず、本来であれば古くなった角質はどんどん落ちていくのですが、その作用を起こらないようにして、角質を厚くすることで体内を紫外線から守ろうとします。

さらに肌のバリア機能が低下して、水分が蒸発しやすくなり乾燥気味になります。

 

そうしてさらに角質が厚くなりやすくなります。

その結果、毛穴が詰まりやすくなります。

皮膚の中には免疫を担当している細胞がいるんですが、紫外線があたると免疫機能が低下します。これを「光免疫抑制」と言ったりします。

 

その結果、アクネ菌が毛穴にたまった皮脂をエサにして増えやすくなります。

 

ニキビができてしまうと、紫外線でさらに悪化する可能性もあります。

毛穴に詰まった皮脂は酸化したり、アクネ菌のエサになるので、そこでアクネ菌が増殖すると炎症を起こし赤くなります。

これがいわゆる赤ニキビなんですが、アクネ菌はいろんな物質を皮膚の中でバラまきます。

その物質が紫外線に当たることで、活性酸素を発生させると、たまった皮脂をより酸化させ、角質を厚くします。

これによって新たなニキビができたり、炎症を起こしているニキビが悪化したりする原因になっています。

紫外線が肌に吸収されて、活性酸素ができることが大きな問題になっているんですね。

ニキビ肌にオススメの日焼け止めは?

日焼け止めは、どうやって紫外線をカットするのかによって、

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学反応を起こし、そのエネルギーを熱などに変換することで、肌に紫外線が届かないようにしています。

この化学反応や、化学反応の結果できる物質はわずかなもので、普通の肌であれば特に問題ないんですが、肌が敏感だと刺激になってしまうことがあります。

それで、ニキビができやすい人だと使いづらいという面があります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、酸化チタンなど紫外線をまるで鏡のように反射する物質です。

 

吸収剤のように化学反応を起こすわけではないので、肌への刺激が少ないです。

ただ、いくつかデメリットがあって、まず白色の粉末なので、肌にのせたときに「白浮き」して見える場合があります。

それから、日焼け止めが吸収剤よりも落ちやすい、金属アレルギーがあると使えない場合があります。

 

それでも、敏感肌でにニキビがすぐできてしまうような私でも使いやすく、日焼け止めとは、紫外線散乱剤を選んで使っています。

あわせて読みたい
日焼け止めはちゃんと塗れてますか?紫外線をしっかりガードしてニキビを予防しよう!こんにちは、ひろきです。 紫外線は、世間でずーーと言われているように、肌荒れやニキビの原因になる可能性がありますね。 紫外線...
あわせて読みたい
今さら聞けない日焼け止めのSPFとPAの違いって?|数字を追い求めるのもそれはそれで、、、こんにちは、ひろきです。 今回は、日焼け止めを選ぶときに気にするであろうSPFとPAについてみていこうと思います。 もう、今...

【おまけ】メラノサイトと尋常性白斑の話

私たちの肌にはメラノサイトという細胞がいて、メラニンを作っています。

このメラニンは濃い茶色で、紫外線から体内を守る役割があります。

それでメラノサイトという細胞なんですが、人類すべてが同じ数だけ持っていると言われています。

 

つまり、白人も黒人もメラニンをつくる細胞の数は同じなんです。

 

それじゃあ肌の色はどうやって決まってるの?

 

ってなると思うんですが、

このメラノサイトという細胞がメラニンという色素物質どれだけ作っているかで肌の色が決まっています。

 

アフリカなど紫外線のきついところはメラニンを増やして、肌を紫外線から守っているんですね。

一方で緯度の高いところ、北欧とかだと紫外線から肌をそれほど守らなくてもいいから、メラノサイトがメラニンをあんまり作っていないので、肌が白くなるという理屈です。

 

メラニンを作る細胞を人類がみんな同じ数だけ持っているというのは、私が医学生のときに皮膚科の授業で習ったんですが驚きましたね。

なんか意外でした。

 

メラノサイトに関連して、メラノサイトが破壊されたり、機能が低下する病気があります。
それが尋常性白斑という病気ですね。

今、この病気で世界的に有名な方といえばWinnieHarlowさんですね。

ご自身の病気を逆にアピールポイントとして世界的に注目されているモデルさんです。

こんな感じで皮膚の色が抜ける病気なんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

That time I was channeling my inner Bond Girl “I’m on my way 007” 🕶🔥🍸

♔Jamaican Canadian♔さん(@winnieharlow)がシェアした投稿 –

自分の肌をコンプレックスに思っている、白斑で悩んでいる人にとって、希望の星って感じですね。

キラキラしていてかっこいいいですよね。

まとめ

紫外線を浴びすぎるとニキビができやすくなりますし、悪化しやすくなりますね。

かといって、肌に合わない日焼け止めを使うと、それはそれでニキビの原因になってしまうという悲しい状況です。

 

私はできるだけ、普段使いではオイルフリーで紫外線散乱剤を使った日焼け止めを使っています。

 

それでこれまで特に問題なく使えているので、合っているのかなーと思います。

 

レジャーに行くときは、紫外線吸収剤が入ったものを使っているんですが、やっぱりテカテカしてますね。
ニキビできないか、ちょっと怖いなーと思いつつも使ってるっといった感じです。

それではこの辺でー

あわせて読みたい
紫外線対策は日焼け止めだけじゃない!プラスαで徹底的に紫外線カットしよう!こんにちは、ひろきです。 今回は、日焼け止めを使うことは大前提として、プラスアルファで紫外線対策を紹介しようと思います。 ...

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です