洗顔

泡立てる洗顔料と泡立てない洗顔料の違いは?メリットとデメリットについてまとめました!

こんにちは、ひろきです。

市販されている洗顔料の多くは、泡立てるタイプになっているんですが、中には泡立てる必要のない洗顔料もあります。

 

どうして泡立てるタイプと泡立てないタイプの2種類があるのか、気になりませんか?

 

だって、泡立てるタイプは泡立てネットなんかを使って、泡立てるという手間がかかります。

慣れれば、すぐに泡立てることはできますが、面倒に感じる人もいるでしょう。

 

もしくは、泡のクッションがないと肌への刺激が大きすぎると聞いたことがあるかも知れません。

 

今回はニキビケアに欠かせない洗顔料について、泡立てるタイプと泡立てるタイプのメリットとデメリットについて詳しくみていこうと思います。

ひろき
ひろき
市販の洗顔料は泡立てるタイプが多く使われているんだけど、

ニキビケアで有名なメーカーは泡立てないタイプの洗顔料を使っていることもあって、

その違いって何なんだろう?

洗顔料が泡立つ理由

洗顔料には「界面活性剤」という成分が含まれています。

「界面活性剤」っていろんな働きがあって、化粧品やスキンケア商品にとってはとっても都合のいいものなんです。

 

水と油が混ざらないのは知っていますね。

サラダのドレッシングとか放っておくと、水と油が分離します。

界面活性剤は、1つの物質に水になじむ部分と、油となじむ部分があるので、

例えばさっきのサラダのドレッシングに界面活性剤を混ぜると水と油は分離しなくなります。

この働きを「乳化作用」とか、単に「乳化」と言ったりします。

 

洗顔料に使われる場合は、皮脂の汚れと水をなじませて、汚れを落とすことを目的にしています。

この場合は「洗浄作用」と言っています。

界面活性剤は他に表面張力を弱くする力があります。

表面張力という言葉を聞いたことがあっても、「説明せよ」と言われると、意外と難しいんじゃないでしょうか?

 

表面張力は分子同士がお互いを引っ張り合って、できるだけ小さくまとまろうとする力ことです。

 

コップに水をギリギリ注ぐと、水が浮いているように見えます。
こぼれそうでこぼれない感じです。

このとき、コップに石けんを入れてみてください。
おそらくこぼれると思います。

これは水の表面張力が弱くなったからなんですね。

 

水を激しく混ぜると泡立つんですが、表面張力の力で一瞬で消えてしまいます。

なので界面活性剤を入れて、泡立ちをキープしているんです。

泡立てる洗顔料のメリットとデメリット

泡立てる
泡立てるタイプの洗顔料には、界面活性剤が含まれています。

それが原因で良いことがあれば、良くないこともあります。

 

ちなみに私は画像のように、モリモリに泡立てるのが好きです。

 

そんなに泡立てても意味ないという意見もありますが、

単純に洗顔していて気持ちいいので気にせず、モコモコ泡を作り続けてます(笑)

メリット

肌の汚れを落とす能力が高いことが大きなメリットですね。
界面活性剤の「洗浄作用」によって、皮脂などの油汚れをしっかり取ってくれます。

 

泡で洗うので、直接指が触れることによる肌への刺激をゼロにすることができます。

 

それから、泡立てないタイプに比べて、圧倒的に種類が豊富なので、自分の肌に合わないときも、別のものを試すことができます。

デメリット

泡立てる洗顔料の良くない点として、よく挙げられるのが、「界面活性剤」です。
界面活性剤の強い洗浄力のために、乾燥の原因になります。

 

とはいえ界面活性剤と一言で言っても、どんな原料から作られるのかによって、肌への刺激やダメージの強さに違いがでてきます。。

 

よく、「合成界面活性剤を使っているものはやめたほうが良い」ということを聞いたりするんですが、実はそうでもありません。

 

本当に気をつけなければならないのは高級アルコール系、石油系の合成界面活性剤です。

 

私たちの肌には、もともと保湿成分として「天然保湿因子(NMF)」、バリア成分として「細胞間脂質(セラミドなど)」、肌の表面には皮脂膜があり、刺激や乾燥から守っています。

しかし、高級アルコール系や石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強く、本来、私たちの肌にあるこれらの成分まで洗い流してしまいます。

 

ニキビケアに限らず、洗顔料、シャンプーを選ぶときはアミノ酸系かカルボン酸系の界面活性剤を使っているものが肌トラブルを起こしづらくなるので、肌トラブル、頭皮トラブルに悩んでいるときは注意してみてみましょう。

 

それからこういった洗顔料を使うときは、スピード勝負です。

洗顔料を顔に乗せている時間は30秒くらいです。

長いと肌への刺激になります。

あわせて読みたい
ニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法って知ってますか?6ステップでわかりやすく解説!こんにちは、ひろきです。 今回は、私が実際にやっているニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法について紹介したいと思います。 ニキ...

高級アルコール系界面活性剤

高級というのは、値段が高いということではありませんよ(笑)

高級というのは分子の中に炭素の数が多いということです。

これらは洗浄力が非常に強く、肌への刺激もかなり大きいです。

・ラウリル硫酸~
(シャンプーによく入っています。私の家の近くのスーパーで見たら、全てのシャンプーにこの成分が入っていました。)
・ラウレス硫酸~
・スルホン酸ナトリウム

石油系の合成界面活性剤

石油が原料で作られています。高級アルコール系と同様に洗浄力が強いです。

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(LAS)
・α-オレフィンスルホン酸Na(AOS)(表示名:オレフィン(C12-14)スルホン酸Na)
・側鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(ABS)

泡立てない洗顔料のメリットとデメリット

泡立てない
次に、泡立てない洗顔料についてみていこうと思います。

洗顔料の説明欄をみて見ると、種類によっては泡立てずにそのまま使うように指示されていることがあります。

いったいどんな特徴があるんでしょうか?

メリット

泡立てない洗顔料の最大のメリットは、

 

基本的には界面活性剤が入っていないので、

洗い過ぎて、皮膚に必要な成分を洗い流してしまわないことです。

 

皮膚っていうのは身体の内側を守る最前線です。

なので、刺激や乾燥に対しては、もともと適応できるようになっています。

 

しかし、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ってしまうことで、外からの刺激や乾燥から守るのに必要な成分を洗い流してしまい、肌トラブルの原因になっていることがかなり多いです。

 

「なんか最近、化粧品を変えてから肌荒れ多いんだよねー。」

 

みたいな話はよく聞くんじゃないですか?
それは化粧品が肌に合っていないという面もありますが、皮膚を守る成分がごっそり落ちてしまっている可能性があります。

そういった面では、

泡立てないタイプであれば、適度な洗浄力で肌を乾燥から守ることができます。

 

・追記
泡立てないタイプの洗顔料でも、界面活性剤を使っているタイプがありました。

洗浄力をアップさせようということなんでしょう。

泡立てない=界面活性剤フリーということではなさそうです。

界面活性剤にこだわるのであれば、泡立てない洗顔料で、油脂+水酸化カリウムか水酸化ナトリウムが成分に含まれていないものを探してみてください。

デメリット

泡立てないことによるデメリットは、やっぱり、指で顔の肌をこすってしまうことでしょう。

私のように洗顔料はフワフワに泡立てて、使うもんだと思いこんでいると、なんとなく頼りなさを感じます。

それでついつい、こすってしまうことが、デメリットでしょうね。

私の使っている洗顔料について

私は基本的に泡立てるタイプの洗顔料を使っています。

 

これは、もう感覚の問題になってしまうんですが、泡立てないと肌を直接こすっているような感じがして、なんとなく怖いなーと思ってしまうんですよね。

なので、泡立てるタイプを使っているんですが、泡立てないタイプにも挑戦してみたいとも思っています。

 

ちなみにですが、私の使っているニキビケアの洗顔料は危険な界面活性剤は使われておらず、グリチルリチン酸2K(抗炎症成分)、イソプロピルメチルフェノール(抗菌作用)が主成分です。

 

界面活性剤としてはオレイン酸、ステアリン酸などヤシ油などの天然油脂から作られ、刺激性の低い水酸化カリウムの石鹸成分が界面活性剤となっています。

 

これらの洗顔料で、私は肌が赤くなったり、乾燥してつっぱったりということはありません。

まとめ

今回は、泡立てる洗顔料と、泡立てない洗顔料の違いについてみてみました。

 

どちらを使うかはその人の好みによるところがあると思います。

 

私はこれからも泡洗顔をやっていこうと思いますが、泡立てない洗顔料についてもちゃんと使えるようになりたいなーとも思います。

 

スキンケアの基本は洗顔ですよ!

それでは長くなりましたが、この辺でー


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です