部位別

おでこのニキビの原因と治し方について|現役医師がおでこニキビについて考える

こんにちは、ひろきです。

今回は、おでこにできるニキビについてみていきます。

おでこのニキビって大人になると、まあまあ落ち着いてくるんですが、思春期ニキビとしては、それはもうヒドイものです。

ニキビできまくりで、女子とか前髪をピンで留めている人とかいましたね。

私自身もニキビができるので髪型を変えて、その髪型のまま大人になってしまいました。

おでこのニキビができる原因って聞いたことはあると思います。
そして、その治し方についても聞いたことはあるでしょう。

なので、今回はそれをちゃんと、医師の視点からまとめてみようと思います。

ひろき
ひろき
おでこのニキビはそーとー厄介ですよね。

わかりますよ。
そりゃあ、髪を丸坊主にしたら、多少は良くなるかもしれませんが、そういうわけにはいかないし、、、

おでこニキビは顔のどこよりも、ケアが難しいなと思います。

おでこにニキビができる原因

おでこ、眉間、こめかみは鼻と同様に、皮脂腺が多く、もともとから毛穴が詰まりやすい状態です。

そこに、肌への刺激が繰り返し加わることで、肌のターンオーバーが乱れてニキビになります。

髪の毛が肌にあたる、
整髪料が肌につく、
シャンプー、リンス、トリートメントをしたときの残りが髪にも肌にも付いている、
メイクが落としきれていない、

それから日焼け対策にはいいんですが、
帽子を被ることで、汗がたまって不衛生になることもあります。

手で直接肌に触るのは、スキンケアではご法度です。
やってはいけません。

手というのは、そもそもから不衛生ですし、くり返し触ることで肌への刺激になります。

ただわかっていても触っちゃうというのが恐ろしいところで、ひたいを触るというのは心理学的には、動揺して困っている状態を表しています。

よく漫画とかで「あちゃー」みたいなときにおでこを押さえていると思うんですが、そういった心の動きを表しています。

おでこニキビの治し方

おでこは皮脂の分泌が多い上に、常に刺激にさらされているので、ニキビができやすくなっています。

洗顔

ニキビケアとしてはまずは洗顔です。

洗顔とといってもニキビケアに効果的な方法でやってくださいね。

あわせて読みたい
ニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法って知ってますか?6ステップでわかりやすく解説!こんにちは、ひろきです。 今回は、私が実際にやっているニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法について紹介したいと思います。 ニキ...

髪型

髪の毛が肌に当たらないようにすることも有効な方法ですね。

髪を切るのに抵抗があれば、髪を上げておきましょう。
私も家にいるときは、髪を上げていますし、できるだけ前髪をあげるようなヘアスタイルにしています。

こういうのがいくらでもあるので、ひとつくらい持っていてもいいでしょう。

学校だったら授業中は、別にジロジロ見られるわけじゃないので、前髪を上げておいて、休み時間になったら下ろすといいですね。

そういえば、自分が中学生くらいのころは、学校で女子が特にやってましたね。
あれはいいですよ。

社会人でもデスクワークをしているときは、上げていてもいいでしょう。
会議に出るときは、さすがに目立つかもしれませんが、みんなそこまで人の髪型に興味があるわけじゃないので、自然な感じであれば全然問題ないと思います。

できる限り髪の刺激を減らすのはおでこのニキビを克服するのに効果的ですが、じゃあ逆に下のような髪型はどうでしょうかね。

こういうのって、おでこにニキビのある人にとってはかなりハードルが高いですね。
前髪の中はどうなってるんだろう、、、
って戦々恐々としてしまいます。

私もこういった髪型にするのは避けますね。
ケアの負担が増えます。

あっ、ちなみにこれは無料写真でダウンロードしたものなので、安全に使えることが保証されています。
著作権とか肖像権とか侵害していませんよ。念のため。

髪を洗うときは髪についたシャンプー、トリートメント、リンスをしっかり落としましょう。
これは、私がかなり気をつけてやってるんですが、おでこのニキビというよりは、頭皮環境を守るためですね。

おでこと頭皮の状態って近いから似てると思うんですよ。

シャンプーがしっかり落とせていないと、おでこにも頭皮にも影響が出るし、おでこがニキビだらけだったら、頭皮もけっこう汚れてるのかなみたいな感じです。

なので、頭皮をしっかりケアするのと、同時におでこもケアしているつもりで私はやってます。

ちなみに髪を洗うときに重要なのは、最初に髪を濡らす段階ですよ。
しっかり髪を濡らして、指の腹で頭皮をマッサージするようにお湯で濡らしていきます。

それが終わってから、シャンプーで毛穴の汚れをとるようなつもりで髪を洗っています。

リンスやトリートメントは毛穴に詰まるので、毛先に集中させています。

ときにはあぶらとり紙も

あんまり、テカるんだったらあぶらとり紙もいいと思います。

皮脂は取りすぎると、それを補うためにぶわーっと脂が出てくるのでほどほどにしましょう。

私の場合は、あぶらとり紙はMax3枚までにしています。
それ以上はやらないと、自分で勝手にルールを決めてやっています。

夏場はそれくらいで、冬場はむしろやらなくていいかなと思います。

冬にテカるのは、乾燥だと思いますね。
皮膚に水分が足らないから、乾燥から肌を守るために余計に皮脂を分泌しているという理屈です。

まとめ

おでこは皮脂の分泌量が多いです。
これは太陽光から肌を守るためじゃないかなと思います。

さらに髪の毛が触れることで、不衛生になりやすく、常に刺激にさらされています。

私がおでこにニキビができたときは
髪型に気を付けて、洗顔を行うのが鉄板です。

それだけやってから、良くならないならどうしよっかな、食事気をつけようかな、睡眠が足らないのかなみたいな感じです。

おでこのニキビを克服して、ツルツルのおでこを目指しましょう!!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です