部位別

口の周りのニキビの原因と対策方法|口の周りのニキビは食事が影響している!!

こんにちは、ひろきです。

口の周りにニキビができるときの、原因と対策方法についてみていこうと思います。

私は研修医のときに、口の周りに繰り返しニキビができていてめっちゃ悩みました。

なぜかここに集中的にできるんですよね。

ようやく治ったと思ったら、またできてるっっっっ!!!

って感じです。

ひろき
ひろき
口の周りにできるニキビにどんな特徴があるんだろうか?

昔めっちゃ悩んだ部位のニキビについて見ていこう

口の周りにできるニキビの原因

口の周りはどんな特徴があるでしょうか?

口の周りというのは、目の周りと同じでもともと皮膚が薄く、乾燥しやすい部位です。
乾燥していると皮脂の分泌量が増加し、ニキビになりやすくなっています。

また、食事をとったりすることで、汚れやすい場所でもあります。

男性は髭が生えているので、ほとんど毎日シェービングをすることで肌が傷つきやすくなっています。

一方で女性であれば、口紅を落とすときにクレンジング剤でダメージが入りやすい場所になっています。

さらにマスクを長時間する人であれば、ムレることで肌環境が悪くなります。

東洋医学的には口の周りは胃腸の調子を表していると言われていて、食べ過ぎや飲み過ぎなど暴飲暴食でニキビ、吹き出物ができやすくなります。

もうひとつ厄介なのが、深層心理ですね。
余計なことはしゃべりたくないなどの、
潜在意識のレベルで、無意識に口に手を持っていってしまいます。

手というのは常に汚れているものなので、口に手を当てる動作でニキビになりやすくなります。

これだけ特徴を挙げてみると、いかに口の周りがニキビのできやすい状況になっているかわかると思います。

あわせて読みたい
ニキビは「顔を触るクセ」、「肌の刺激」が悪化の原因になっている!?|ニキビを悪化させるのは肌への刺激こんにちは、ひろきです。 今回は、「顔を触るクセ」、「肌への刺激」がニキビを悪化させるという話をしようと思います。 顔を無意...

口の周りはニキビができやすいくせに、こういった特徴もあって、炎症を起こしやすく、治りにくい、ニキビ跡になりやすいという最悪のポイントなので注意して毎日のケアが必要です。

口の周りのニキビ対策

それじゃどう対策していけばいいでしょうか。

まず、スキンケアの大原則って知ってますか?

これはいろんなところで言われていることなので、
知っているかもしれませんが、

肌を触らないこと

です。

まずはこれが基本です。

シェービングやクレンジングは触らないわけにはいかないので、入念なケアが必要になります。

シェービングをやる際は、コスパ悪いですが新品の切れるシェーバーを使う必要がありますね。

カミソリは刺激が強すぎるので、ニキビができやすくなっているときは、カミソリよりも電気シェーバーを使うほうがいいですね。

同じ刃を使っていると、細菌やカビが発生しやすいので、こまめに取り替えることをオススメします。

カミソリやシェーバーの刃って高いんですけどね、、、

パナソニックシェーバーの場合、外刃約1年、内刃約2年を推奨しているようですね。

私の場合はほとんどひげ剃りをしません(3から4日に1回くらい)が、やっぱり汚れてくるので、数ヶ月に1回とかこまめに変えるようにしています。

さて、口の周りのニキビケアですが、
忘れてはいけないのが、洗顔ですね。

えー洗顔?なんてって思われるかもしれませんが、ちゃんとやればニキビケアにすごく効果的ですよ。

あわせて読みたい
ニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法って知ってますか?6ステップでわかりやすく解説!こんにちは、ひろきです。 今回は、私が実際にやっているニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法について紹介したいと思います。 ニキ...

私自身、中学生、高校生くらいのころは洗顔を自己流で適当にやっていたんですが、やっぱり効果はいまいちでしたねー。

今では基本的に洗顔をメインでニキビケアをしていますが、肌のコンディションはかなりいい感じですよ。

口の周りの特徴を考えると、洗顔のときに気をつけることがあります。

目の周りと同じように、そもそも乾燥しやすい部位なので、洗顔の後は保湿をしっかりやる必要があります。

この場合もこするのではなく、押し込むようにして化粧水をつけていきます。

乳液も程よくつけると完璧です。

私の場合は、ついつい乳液をつけてしまいがちなので、まずは左手に取り出して、右手でちょっとずつ塗っていきます。

あわせて読みたい
ニキビケアに不可欠な化粧水と乳液の違いってわかりますか?|乳液は絶対に必要??こんにちは、ひろきです 今回は化粧水と乳液の違いについてみていこうと思います。 化粧水や乳液って、女性には馴染み深くて毎日使...

それと同時に胃腸の働きを整えていく必要があります。

暴飲暴食をやめて、六君子湯(りっくんしとう)や半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)といった漢方を服用するといいかもしれません。

こういったものです。

医療現場では、六君子湯は冷たいものや生ものを食べすぎて、胃もたれを起こして、しかも運動不足で食欲がないときに処方されることがあります。
胃腸を温めて働きを良くするといったイメージです。

漢方は一度試してみる価値はありますが、漢方に詳しい医師に診断してもらったほうが効果が出やすいと思いますね。

まとめ

口の周りは、皮膚が薄くて乾燥しやすく、ニキビのできやすい条件がそろっていることがおわかりいただけましたか?

基本的なケアは洗顔なんですが、そのあとの保湿をしっかりやって、日常生活を整えることで、かなり改善できるはずです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です