治療

ニキビに効果的?皮膚科で処方される漢方について現役医師が解説します!

こんにちは、ひろきです。

今回はニキビがどうしても治らなくて、皮膚科で漢方を処方してもらいたい、
漢方がニキビに効くらしいけど、実際のところどうなの?っていう方のために、

現役医師がニキビ治療に使われる漢方についてお話します。

ひろき
ひろき
私自身も西洋医学に基づいて、医療をしているんだけど、西洋医学が発達するずーっと前から漢方は東アジアで使われていたんだ。

漢方ってなんか怪しいとか、本当に効くの?って思うかもしれないけど、漢方は日本で発達した由緒正しき、立派な医療なんだ。

今回はその漢方についてみていこう!

漢方とは?西洋医学との違いは?

漢方は日本で発達した医療です。

無理やりまとめると、
生薬といって、自然にある草、木、動物の骨などいろんな材料を組み合わせて作られた薬を、漢方独特の病気の考え方に基づいて治療する方法です。

もともとは中国で発達した医学が、朝鮮半島を経由して輸入された考え方で、日本の偉い先生たちが築いた医学です。

なので漢方はあやしい民間療法ではなくて、ちゃんと効くんです。

しかし、残念ながら日本のほとんどの医師は、私も含めて西洋医学しか勉強していません。

漢方は漢方に興味を持った医師が、専門のトレーニングを受けてないと、なかなか難しい領域なのです。

なので皮膚科に行っていくつも漢方を処方してもらっても、効かないっていう人がいるのは、残念ながらその医師が漢方を使いこなせていないのです。

ここで漢方と西洋医学の違いについて見てみると

漢方の基本的な考え方は、体質を変えるというものです。

ニキビができやすい身体の状態を漢方で変えていくイメージです。

一方、西洋医学は病気そのものを治すという考え方が強いです。

ニキビが出来たら、皮膚に塗り薬をつけるというのはまさに西洋医学的です。

ニキビ治療に漢方は効果的?

ニキビ治療に漢方は、間違いなく効果があります。

ただしこれには条件があります。

それは、あなたの状態を漢方医学的にみれる医師であればという条件です。

この病気には、この漢方っていうふうに処方している場合は、その漢方が効く可能性は低いです。

なので、本気で漢方で治したいときは、漢方専門でやっているクリニックに行くことですね。

ただここでも困ったことがあります。
皮膚科でももらう塗り薬は画期的でぜひ皮膚科受診してほしいのですが、
強い刺激症状のために使い続けることが出来ない人がいます。

別の記事で紹介したアダパレンや過酸化ベンゾイルといった塗り薬は、
ニキビ治療にかなりよく効くのですが、
薬をつけ始めて1から2週間くらいは刺激症状が強く、
途中で断念してしまう人がいます。

そこで十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)という漢方を合わせると、刺激症状が軽減されて、塗り薬を使い続けることができるといったことが言われています。

なので、漢方だけで治すよりも、皮膚科で漢方を組み合わせながら治す方がうまくいく可能性が高いです。

漢方専門医+皮膚科専門医をもっているクリニックであれば、いい感じに治療が進められるでしょう。

そうでなければ、塗り薬を皮膚科で処方してもらって、刺激症状の出にくい塗り方をするというのがおすすめですね。

下の記事に塗り方をまとめているので、参考にしてください。

あわせて読みたい
皮膚科でのニキビ治療ってどんなの?ってとき現役医師がニキビ治療薬について紹介します!こんにちは、ひろきです。 今回は、皮膚科でのニキビ治療ってどんな薬が処方されるの?とか、いくらぐらい治療代がかかるの?とか、皮膚科...

漢方専門のクリニックと皮膚科専門のクリニックに行ってもいいですが、基本的には一つの病気に対して、複数のクリニックに行くことはあまりオススメしません。

膝が痛くて整形外科、風を引いたから内科というのは全然問題ありませんが、

1つの病気で、いろんな病院に行くと、Aという病院の治療が効いたのか、Bという病院の治療が効いたのかわかりません。

さらに副作用が出たときに、Aの病院に相談したらいいのか、Bの病院に相談したらいいのかわからなくなります。

あなたに関する情報も、いろんな病院にあることになってスムーズに治療ができなくなるのです。

なので、できる限り1つの病気に対して、1つの病院に行くようにしてください。

どんな漢方がニキビ治療に使われるのか?

どんな漢方がニキビ治療に使われるのか知りたい人もいるだろうから書いてみることにします。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

皮膚炎といえばの漢方なので、まずこれが処方される可能性が高いです。
皮膚のバリア機能が低下しているときに威力を発揮します。

この漢方のいいところは塗り薬を中断することなく使えるようにするということでしょう。
アダパレンや過酸化ベンゾイルを使ったときの刺激症状を軽減させる効果を期待できます。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

思春期になるとアンドロゲンの濃度が上昇して、ニキビが悪化することがわかっています。

芍薬甘草湯は抗アンドロゲン作用があり、皮脂の過剰分泌を抑えたり、赤ら顔の軽減を期待できます。

甘草が含まれていて、低カリウム血症の原因となりうるので長期使用はしません。

婦人科3大処方

婦人科3大処方というのがあります。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)の3種類です。

これらは女性特有の、月経痛、月経不順、月経前のイライラ、むくみなどにも効果があります。

月経の問題を解決したら、ニキビが治ったというのは漢方的な治療方法です。

六君子湯(りっくんしとう)

漢方には

「皮膚が治りにくいときは胃腸から治す」

という考え方があります。

確かに、私が中学生、高校生の時はお腹の調子がいつも悪くてきつかったです。

漢方では胃腸の調子と皮膚の状態がつながっていると考えるわけですね。
六君子湯は、代表的な胃腸の働きを良くする漢方で、胃腸をあたためて、食欲低下を改善します。

まとめ

漢方は漢方のトレーニングを受けて、漢方的に患者をみれる医師に処方してもらうのが一番いいです。

漢方が効かないというときは、その漢方があなたに合ってなくて、本来の力を十分発揮出来ていないんだと思います。

色んな方法を試したけど、どうしても上手くいかないときは、漢方専門医のクリニックを受診してもいいでしょう。

漢方って効くときは抜群に効くので、私は今回この記事を書いていて、ニキビで困っている人に漢方を処方してみたいなと思いました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です