洗顔

ニキビケアに化粧水を使っているけど効果がない、むしろニキビが悪化するとき

こんにちは、ひろきです。

今回はニキビケアに必須な化粧水についてお話したいと思います。

ニキビケアとして化粧水を使っているんだけど全然良くならない!

化粧水を使ったら、ニキビが悪くなった

という声を聞くことがあるんですが、あなたはどうですか?

男性は特に「ニキビに化粧水なんて必要ないよ」とか「なんのために必要なの?」って思っている人がいるんじゃないでしょうか。

さらに化粧水の使い方がよくわからないという場合もあるでしょう。

なので化粧水の使い方を知って、効果をもっと実感していただきたいと思います。

【化粧水と乳液の違いがわからない時はこちらからどうぞ】

あわせて読みたい
ニキビケアに不可欠な化粧水と乳液の違いってわかりますか?|乳液は絶対に必要??こんにちは、ひろきです 今回は化粧水と乳液の違いについてみていこうと思います。 化粧水や乳液って、女性には馴染み深くて毎日使...
ひろき
ひろき
洗顔に化粧水は欠かせないけど、化粧水は本来の使い方をして初めて効果を実感できるんだ。

ニキビケアで化粧水の役割とは?

中学生や高校生くらいだと、男性はとくに化粧品についての知識はほぼゼロですね。

だけどニキビができやすくなると、ネットとかから情報を集めて、いろんな洗顔料を試したり、化粧水を使ってみたりすると思います。

だけど実際のところ、どうしてこれを使わないといけないんだろうってなってるんじゃないでしょうか。

私も中学生くらいのころはよくわからないまま、お母さんが言うから使てるみたいな感じでした(苦笑)

あわせて読みたい
私が中学生のときにやらかしたニキビケアの失敗談こんにちは、ひろきです。 女性だったら小学校高学年から、男性だったらそれから数年遅れて中学校の入学前後から、いわゆる二次性徴が始ま...

知っている人にとっては何をいまさらという感じでしょうが、

 

化粧水の本来の目的は、肌に水分補給をするためのものです。

 

オールインワンとか、美容液配合とかは抜きにしてですよ。

なので化粧水に美白効果とか、ニキビ治療効果とか、シミ改善効果とかそういったものはありません。

洗顔料を使ったあとは、肌が乾燥します。

それは当たり前です。

毛穴の皮脂汚れを取り除くために、洗顔料を使うのでどうしても乾燥してしまうんですよね。

洗顔料を使った後に、肌が乾燥すると、角質がはがれやすくなり、毛穴をつまらせてしまうんです。

するとニキビのできやすい環境ができてしまいます。

せっかく洗顔して毛穴の汚れを落としたのに、ニキビができやすくなってしまっては本末転倒です。そこで、化粧水をつけて肌の乾燥を防ぎましょうというわけなんですね。

化粧水の働きは、肌に水分補給をすることなので、見た目通りほとんど水です。

「水に高いお金を払う必要があるのか?」

と思われますよね。

確かにそうなんですが、

 

水だけでは、肌に潤いを与えることが出来ないんです。

 

皮膚にいくら水をつけても、すぐに空気中に蒸発してしまいます。

そのため水分を肌にキープするために必要な成分が、化粧水には含まれています。

本来であればそれだけでも、十分に化粧水の役割を持つんですが、その他に肌のケアをするための成分を加えていくので、値段がいろいろになるんですね。

化粧水は肌に水分補給するために使い、乾燥を防ぐのが大きな目的であることを忘れない!

化粧水をつけたらニキビができるとき

化粧水をつけたら、ニキビができる人がいます。

評判のいい化粧水を使ってみたらニキビができたというのは珍しくありません。

私も長年愛用していた化粧水が購入できず、別の化粧水に変えた途端にニキビがたくさんできたことがありました。

最初はなんでニキビが大量発生するのかわからなかったのですが、化粧水は人を選ぶようですね。

肌になじませるために油分を多めに使っていたりするとニキビの原因になりやすいです。

そこで個人的には「ニキビケア用化粧水」と書いてあるものを選びます。

それ以外のものはちょっと怖くて使えていません。

化粧水でニキビが悪化する場合は、化粧水を変えることをオススメします。

いろいろと調べてみたんですが、ある成分が入っているとニキビができやすくなるということはなさそうでした。

結局のところ試してみるしかなさそうです、、、

ニキビケア用化粧水というのは、「ノンコメドジェニックテスト済」と書いてあることが多いです。

ニキビのできにくい成分を使って、実験済みですよという表示なので、化粧水を購入するときの基準にしましょう。

化粧水を選ぶときは「ノンコメドジェニックテスト済」の表示があるものを選ぶと、ニキビが大量発生する可能性が低い。

化粧水のつけかた

化粧水のつけかたがまずいと、どんな化粧水を使ってもその効果を実感できないので、ちゃんとつけられようにしてくださいね。

洗顔料をしっかり流し落とした後は、清潔なタオルで顔の水分を取っていきます。

押さえつけるようにして、こすらないのがポイントです。

化粧水を使うときは、手のひらに吸収されてしまうので
たっぷり使って、手のひら全体で押し込むようにします。

洗顔した後は顔だけでなく、手も乾燥しています。

化粧水全体を、手のひらに伸ばして、何回か顔をペタペタしていると

だんだん手のひらが顔に吸い付いてくる感覚があります。

この感覚がチョー大事です!!

それが化粧水がしっかり顔の肌に浸透した証拠になります

乳液と同じように乾燥しやすい頬(ほお)、額(ひたい)、あごという順番で顔の中心から外に向かってつけていくといいと思います。

手のひらが顔にくっつく感覚が大事です。

化粧水とニキビの塗り薬の順番

これ、意外と迷う人いませんかね?

 

結論から言うとどっちでもいいです。

 

化粧水をつけてから塗り薬をつける
塗り薬をつけてから化粧水をつける

どっちも変わりありません。

しかし、もし赤くなるとか、かゆくなるとか何かしら異常がでたら、それは一緒につけたからというよりも、化粧水か塗り薬そのものが合っていない可能性が高いです。
まずは化粧水と塗り薬をやめて、少量を目立たないところにつけてみてどうか試してみてください。

まとめ

化粧水は肌の乾燥予防に使うのであって、ニキビを治療するために使うのではありません。

化粧水は商品によって、合う人合わない人がいるので、いろいろ試してみるしかないようですね。

ただしく化粧水を使って、スベスベ肌を目指していきましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

洗顔の方法とか見てみてくださいね。
洗顔方法ってけっこう奥が深いですよ。

あわせて読みたい
ニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法って知ってますか?6ステップでわかりやすく解説!こんにちは、ひろきです。 今回は、私が実際にやっているニキビ肌にオススメの正しい洗顔方法について紹介したいと思います。 ニキ...

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です