部位別

背中にニキビができてる!?体にできるニキビの原因とケアについて現役医師が紹介します。

こんにちは、ひろきです。

今回は背中にできるニキビについて、その原因とケアについて扱ってみたいと思います。

ハッと気づいたら、背中にニキビが出来ていて、ひどい状態になって治らなくて困っているという話をちょくちょく聞きます。

背中って、普段見える部分ではないので、気温が上がってきて肌の露出する機会が増えてくると、背中のニキビに気づいたりします。

 

気づいたら背中がブツブツだらけで、

「何これーー!!」

ってなったりします。

結婚式やパーティーで、背中や胸元の開いた服を着たいって思ってたのに、、、

友達や彼氏とプールに行こうって思ってたのに、、、

 

ブツブツがあって見せたくない!

っていう悩みはよくわかります。

 

今回は、顔のニキビと原因やケアの異なる背中ニキビを中心にして、体ニキビについて紹介したいと思います。

ひろき
ひろき
背中って自分で見るのは大変だし、手が届きづらいからケアするのが大変だよね。

ほっといたら背中がブツブツだらけでかゆい!みたいなことに、、、

今回は、背中ニキビの原因と対策についてみいきます!

背中ニキビのできる原因

夏場になって、友達や彼氏、彼女と海に行こう!ってなったときに、背中が汚くて嫌だなあなんて思ったことありますか?

普段、背中のケアを意識してないと気づいたらブツブツだらけ、、、

いったいどうして、ブツブツができるんでしょうか?

見た目は顔にできるニキビと同じですが、背中ニキビは、顔のニキビとは原因が違うということがポイントです。

顔のニキビは、毛穴が何らかの原因でつまって皮脂がたまり、アクネ菌が繁殖している状態です。

 

一方で、背中にできるニキビは、マラセチア属真菌というカビが原因ということが言われています。

マラセチアは健康な人の皮膚にもいる、ごくありふれたカビです。
しかし、さまざまな原因で、皮膚の免疫力が低下してマラセチアが増殖することがあります。

マラセチア菌が増殖する主な原因6つ

1.汗などによるムレ、皮脂や毛穴の汚れ

2.キズや摩擦などの刺激

3.毛を抜く

4.強い紫外線

5.乾燥

6.体内環境の乱れ(便秘など)

これらのお肌トラブルは、背中だけではなく、肩、首、デコルテ、胸、太もも、お尻など、からだのあらゆる部分に起こる可能性があります。

その中でも背中や胸のといった部分は、皮脂腺が多く炎症をおこしやすすいのです。

簡単に言うと、顔はニキビ菌、体はマラセチアが皮膚の炎症を起こす原因となっています。

背中ニキビのケアはこの3ポイント!

私だったらまずは次の3ポイントで、背中ニキビ対策をしますす。

1. 髪を洗ったときに、シャンプーやリンスを背中からしっかり流し落とす。

2. 顔用ではなくボディ用の薬用石鹸を使って背中ケア

3. 皮膚科受診

これ以外にも、いろいろありますよ。
食事とか、便秘対策とか、睡眠不足解消とか

でも、私が他の記事で顔のニキビケアで洗顔が大事と言っているように、背中ニキビでもまずは毛穴の詰まりをとるということをやります。

内側からケアするのはその後でも大丈夫です。

毛穴が詰まっていて、マラセチア菌が繁殖しているのに内側をどんなにケアしても、効果的に良くなるとは考えられません。

それではこの3ポイントについて詳しくみていきましょう

1.髪を洗った後に背中をしっかり流す


髪を洗うときに前かがみになってることが多いですよね。

そうすると、背中にシャンプーやリンスがたまって、そのままほっとくと毛穴がつまります。

シャワーを使う機会が多いと、洗い流されていないことがありますし、湯船に使っていてもちゃんと流されていないこともあるんですよね。

なので、まずはシャンプーやリンスを使った後にしっかり背中を流すことから始めましょう。

個人的なことを言うと、シャンプーを洗い落とした後に、首筋を触ってみるとけっこうヌルヌルしてるんですよね。

意識して洗い落とさないと、シャンプーが残ったままになります。

なので背中をしっかり流すだけで、ニキビが良くなる可能性がグンと上がります。

2.体ケア用の薬用石鹸を使う

体のニキビが、顔にできるものとは原因が違うことは、先ほど言ったとおりです。

なので使う石鹸も違ってきます。

背中って、手が簡単に届かない部分なので、背中を洗うためのグッズが必要になりますね。

100円均一でもいいかもしれませんが、こういったものって素材が固くて、ゴワゴワしていて力任せにやってしまいがちです。

そうではなくて、毛穴に詰まった汚れを取りたいわけなので、とにかくゴシゴシすればいいというものではありません。

3.皮膚科受診

上の2つだけでも良くなると思いますが、再発の可能性を考えると皮膚科で塗り薬をもらうが一番です

自分でいろいろケアしたけど、良くならないときは迷わず皮膚科に行くことをオススメします。

背中のニキビって、「マラセチア毛包炎」という皮膚の病気なので、「こんなことで皮膚科に行っていいのかな」とか考えなくても大丈夫です。

だいたい一ヶ月3,000円くらいで、効果は約2週間ほどで出ると言われています。

しかし、最初に行ったとおり、マラセチア菌はもともと健康な人の皮膚にもいるので、完全に駆逐することはできません。再発する可能性は十分あります。

なので夏場など、蒸れやすい時期などは

・汗が出たらその都度拭く
・風通しの良い服装をする
・髪がなるべく背中に触れないようにして刺激を避ける
・体をきちんと洗う
・暴飲暴食を避けて肌の免疫力低下を防ぐ
・紫外線対策をする
などが必要になります。

毎日やるのは面倒くさいですが、自分ができることをたった一つでいいのでやりましょう。

何もしないよりは断然いいです。

背中がきれいになってくるとやる気も出てくるのでちゃんとケアできるようになってきます。

背中ニキビは「マラセチア菌」というカビの一種が原因で起こる「マラセチア毛包炎」である可能性が高いです。

背中を清潔にしておくことが大切で、蒸れやすい時期などは

・汗が出たらその都度拭く
・風通しの良い服装をする
・髪がなるべく背中に触れないようにして刺激を避ける
・体をきちんと洗う
・暴飲暴食を避けて肌の免疫力低下を防ぐ
・紫外線対策をする

といった対策が必要です。

それと私だったら皮膚科に行って相談するでしょうね。

まとめ

今回は背中ニキビの原因とケアについてみてきました。

まず大事なことは背中ニキビは、顔にできるニキビとは原因が違うということです。

背中ニキビの原因として、よくあるのはマラセチアというカビです。

マラセチアというのは普段、皮膚表面にいて、特に悪さをしているわけではありませんが、毛穴の汚れがあって、ストレスとか暴飲暴食などで体の免疫力が下がると増殖して炎症を起こします。

勉強や部活、仕事が忙しい時とか、顔にニキビができて、背中もボロボロ、、、というのは経験したことあるんじゃないですか?

ケアとして最も基本的なことは、まずは皮膚を清潔にすることです。特に背中ニキビの場合は、シャンプーのすすぎ残しに気をつけます。

それから皮膚科でマラセチアに対する塗り薬をもらうことをオススメします。

一晩でスッキリきれいというわけにはいかないと思いますが、コツコツやっていきましょう。

それではこの辺でー


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


私の中学生、高校生時代の悩みといえばニキビや肌荒れでした。

繰り返しニキビができるので、
人に会うのが辛かったり、
自己否定におちいったりしていました。

「あーあ、ニキビなくなんないかな」
っていつも思ってました。

その当時、
まったくニキビケアをやってなかったわけではなくて、
むしろ、やりすぎってくらいでした。

そんな私が今では、
「肌キレイですね」って言ってもらえるようになりました。

この経験から、
ニキビに悩んでいる多くの人の力になりたいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です